生理中の脇汗って多いの?

生理前や生理中の脇汗は、一般的には通常の脇汗量よりも増えていると言えます。

では、なぜ汗の量が増えるのかということですが、ホルモンバランスが乱れてしまうからです。生理と脇汗

女性一般的にホルモンバランスが乱れやすいと言われ、生理時期は特にその傾向が強くなります。

そもそも女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンがあります。

ちなみに、一般的に女性ホルモンともてはやされるのが、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンで、汗をおさえたり肌を美しく保つ効果があります。

しかし、生理前や妊娠中はプロゲステロンというホルモンが多くなり、イライラしたり、脇汗の量が増えるといった現象につながるのです。

生理前や生理中、イライラしてしまうのは仕方のないことです。

しかし、それでストレスをためこんでしまっては、あなたの脇汗は増える一方で、良いこと0です。

生理前、生理中は、イライラしてきたなぁ〜と思ったら、できるだけリラックスするように心がけましょう。

もちろん男性でも、イライラしたり、不安なことが続くと、ホルモンバランスが大きく乱れます。

ホルモンバランスが乱れると、さきほど説明した女性同様、脇汗が増えたり、イライラしたりといった状態になってしまうので、女性同様に気をつけましょう。

なお、女性ホルモンを活性化させるには、大豆イソフラボンが有効とされています。

大豆イソフラボンは、豆腐や味噌など普段から取りやすい成分なので、生理前や生理中は、積極的にこれらを食べるようにしてみてください。

まとめ

  • 生理前、生理中、妊娠中は、ホルモンバランスが乱れやすく、汗の量が増える。
  • エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが、汗をおさえたり肌を美しく保つ効果をもつ。
  • 女性ホルモンを活性化させるには、大豆イソフラボンが有効である。

一般的なレベルの人なら、これらで改善する可能性は十分にあります。

もしそれでもダメな場合は、下記の商品も試してみてくださいね

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る