脇汗の原因は自律神経失調症かもしれない

基本的に脇汗も含めた汗をかいたりする原因には、自律神経が大きく関係しています。

脇汗の原因は自律神経失調症かもしれない

そして、この自律神経が乱れたり崩れたりする症状を自律神経失調症といいます。

ちなみに汗腺は、自律神経系の交感神経が直接コントロールしているのですが、この交感神経ばかりが働くことにより、大量の脇汗をかくことがあるのです。

自律神経には、交換神経と副交感神経があるのですが、どちらのバランスが崩れても自律神経失調症になります。

また、この自律神経というものは非常に崩れやすく、疲れやストレスなどが大きな原因となり、不安定になりがちです。

汗線の働きは、基本的には自律神経が100%カバーしているので、極論を言えば、自律神経を100%コントロールできるのなら、必要以上に汗をかくこともなくなるのです。

まぁ自律神経は、自分自身ではコントロールするのがかなり難しいのが現状ですが・・・

また、女性の場合はストレスによりホルモンバランスが崩れやすいのですが、このホルモンバランスと自律神経も、かなり関係性も密接なのです。

ですので、ホルモンバランスが崩れると自律神経も崩れ、自律神経失調症になってしまうのです。

特に女性の皆さんは、注意が必要ですね。

まとめ

  • 自律神経失調症になると、脇汗をかきやすくなる。
  • 自律神経が汗線の働きを100%制御している。
  • 女性はホルモンバランスが崩れやすく、ホルモンバランスと自律神経は密接な関係なので、特に注意が必要。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る