ふきでる脇汗を保冷剤で止める

こんにちわ、

定番ではありますが、脇汗を止める方法として有名な保冷剤について、今回は記事を書いてみます。

保冷剤で脇汗を止める

脇汗を止めるための保冷剤の正しい使い方

当たり前な気もしますが、静脈(じょうみゃく)を冷やすことが大切です。

この静脈は、からだの中で血液を運ぶ仕事をしているのですが、この通り道を冷やすことで、全体の体温を下げることができます。

体温が下がれば、自然と汗もひいていくというわけです。

そしてこの静脈は、首筋、脇下、手首の内側にあるので、この3点を保冷剤で冷やしてあげましょう。

首筋は皆冷やしてますが、あまり脇下と手首を冷やしているのは見たことがありません。

この3点は脇汗を止めるのには効果があるのでオススメですよ。

もし保冷剤が手元になくても、冷えた缶ジュースやペットボトルでも効果を発揮します。

というか、冷たければ何でもいいんです。

脇汗を止める保冷剤について

特に保冷剤の形や種類に、こだわる必要はありません。

普通にケーキ屋さんでもらったものを使ってOKです。

もし手元になくても、薬局や大きなスーパーに行けば大体購入できます。

これをハンカチなどにくるんで使うだけです。

ただし、ケーキ屋さんでもらうような保冷剤は、繰り返し使っていると、途中でやぶれることもあるので、注意してください。

まとめ

  • 静脈は、首筋、脇下、手首の内側にあり、ここを冷やすと体が冷えて汗が止まる。
  • 保冷剤にこだわる必要は全くなく、冷えれば何でもいい。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る