汗線トレーニングで汗線を鍛える

汗線は鍛えないとおとろえてしまい、嫌なニオイをだすことになります。

汗線トレーニングで汗線を鍛える

汗線は鍛えなければ、おとろえてしまい、本当ならかく予定のない臭い汗をかいてしまうんです。

もちろん脇汗に関しても同じです。

人のからたには、全身で200万~500万個とも言われる汗腺があるのですが、これらがおとろえた時の汗の量やニオイは、かなりキツそうですよね?

ですので、なるべく汗線を鍛える努力をおこなうことが大切なのです。

汗線を鍛えるトレーニングとは?

基本的には、お風呂で手足を高温で温めた後に、ぬるま湯で全身浴をするのが一般的です。

1. 高温のお湯につかる。

42~43度の熱いお湯をお風呂に浅めにためて、浴室用の椅子を湯船にしきます。

あとは膝から下と肘から下をお湯につけ、椅子に腰かけながら10〜15分くらい待ってください。

2. ぬるめのお湯につかる。

最初の高温のお湯にぬるま湯をたして、38度くらいの温度設定になるように、お湯をためます。

このぬるま湯にも15分程度つかり、全身浴をおこないます。

3. お風呂からでた後

お風呂から出た後は体の水分をしっかり拭き取り、うちわなどでゆっくり体を乾かします。

その他の汗線トレーニング

ウォーキングのような有酸素運動をゆっくりと30分程度おこなうのがオススメです。

じんわりと大量の汗をかいてきます。

汗線は汗をしっかりかかないと鍛えられないので、日頃から汗をかく習慣が大切です。

まとめ

  • 汗線は鍛えなければ、おとろえてしまう。
  • 汗線を鍛えるトレーニングは、お風呂で手足を高温で温めた後に、ぬるま湯で全身浴をおこなうのがオススメ。
  • 汗線は日頃から汗をしっかりかかないと、おとろえてしまう。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る