病院でもらえる脇汗を止める薬とは?

病院でもらえる、脇汗を止める薬として、有名なのにプロバンサインという薬があります。

プロバンサイン

脇汗を含む多汗症の人には効果のある薬なのですが、副作用も大きいということで有名でもあります。

ということで、メリットやデメリットについて、まとめてみます。

プロバンサインは、脇汗を止めることができるのか?

当然ですが、国内で販売されている市販のものと比べると、強い効果があります。

この薬の中に、汗をかく命令を抑制する成分が含まれており、多汗症や脇汗に効果を発揮します。

ちなみに、すごく苦い薬です。

また、脇汗を完全に止めるのは難しいこともあり、通常の使用料を超えて使う人がいるようですが、副作用が結構危険なので、注意してください。

プロパンサインの副作用とは?

この薬には、主に3つの副作用があります。

  1. 目の乾き
  2. 口の乾き
  3. 顔の熱りほてり

まずは、目の乾きについてですが、目が疲れたりかすんだりするので、目薬が必要になるでしょう。

次に口の乾きは、唾液が減ることにより発生します。

そうなると、喉が痛くなったり、声がかすれたり、食事がしにくくなることもあります。

最後に顔のほてりですが、すぐにこの副作用がでる人もいて、とりあえず直射日光はあまり浴びないようにしましょう。

まとめ

  • 脇汗を止める効果は、市販のもの以上にはある。
  • 目の乾き、口の乾き、顔のほてりなど、強力な副作用が多い。

絶対ではないですが、効果はある程度期待できます。

外国からも同じ薬が買えると聞いたことがありますが、偽物の可能性もあるのでやめておいたほうが無難です。

普通に国内のものを頼んだ方がいいですよ。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る