動いてないのに流れる脇汗。これって手術した方がいいの?

一年を通して、特に動いてないのにすぐに汗をかいてしまうほどの、汗っかきな人っているんです。

男性でも正直キツいだろうなとは思いますが、女性はなおさらだと思います。

私もそうでした。

動いてないのに流れる脇汗。これって手術した方がいいの?

デート中とかに、好きな人に汗染みとか見られたらヘコみますよね?

でもそれって多汗症っていう病気かもしれないって考えたことありますか?

多汗症とは、体温の調整に必要な汗の量が通常の範囲をこえて、日常生活に支障をきたすレベルの症状になっている人をいいます。

脇汗パットがはがれる人はヤバい・・・

脇汗パットがはがれるほど脇汗のすごい人・・・

私も脇汗パットのはがれる事件が昔ありましたので、その一人だと思います。

脇汗のひどい人だと、一般的には脇汗パットとかを使用していることが多いと想います。

中には脇汗パットがはがれるほど汗をかいたり、脇汗パット通過して汗がたれるという人もいるんです。

まさに、「動いてないのに脇汗まみれ」という最悪の状態でした。

そこまでなっていくと、考えるのが手術です。

脇汗の手術は必要なの?

有名どころだとボトックス注射というのがあり、この注射の値段も今はだいぶ安くなっています。

条件さえあてはまれば、両脇で1回3万円くらいからあります。

動いてないのに脇汗がたれていた私としては、この出費も仕方ないのかなとは思いました。

でも効果も人それぞれで、短い人だと、たったの2ヶ月ほどで効果のきれる方もいるとのこと。

もし私がそのタイプだとしたら、1年で最低18万円です。

貧乏社会人だった私には、その出費はいたすぎると思い、別の方法を考えました。

それが制汗剤。

色々と試していけば、多分あなたにも合う制汗剤は見つかると思いますよ。

クリーム、ロールオン、ジェルなどがあるので、色々と試してみてくださいね。

手術するかどうかは、一通りしっかり試してからでも遅くはありません。

まとめ

  • 動いないのに脇汗がたくさん出てしまう人は、多汗症の疑いがある。
  • 脇汗パットがはがれるほどの脇汗は多汗症の疑いがある。
  • ボトックス注射は年間で考えると出費が大きい。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る