ETSという脇汗手術に関して

こんにちわ、

今回はETS手術についてのお話。

脇汗手術の中でも有名なETSという手術があります。

ETSという脇汗手術に関して

ETS手術とは、脇の下に小さな穴をあけ、そこから交感神経を切断する手術です。

手術費用は保険適用なら10万円程度で、痛みも少なく傷も小さくてすみます。

しかし、脇とは別の箇所から以前より汗が吹き出すようになる、代替性発汗(だいたいせいはっかん)という症状がよくでるようです。

重症化する人の具体例としては、

  • 冬でも背中の汗がまったくとまらなくなり、服がびちょびちょになるほど汗をかくようになった。
  • おしりから汗が吹き出し、椅子に座るのさえゆううつになった。

といった症状があるようです。

また、原因不明の体調不良になったり、腕の感覚がなくなる人もいるみたいです。

もちろん後遺症にも個人差はあり、特に問題なかった! ほとんど別の箇所から汗がでなかったよ! という人もいるようですが・・・

しかし、デメリットと比べると、メリットは少ないかと思います。

またETSは、ワキガの臭いを解決するための手術ではないので、ワキガ対策としては、ほとんど効果はありません。

あくまでも脇汗や手汗などの対策手術といえます。

まとめ

  • ETSの手術手術費用は保険適用なら10万円程度。
  • ETS手術は、脇とは別の箇所から以前より汗が吹き出すようになる後遺症がよくおこる。
  • ETSは、ワキガの臭いを解決するための手術ではない。

脇汗対策として、ETS手術は効果が高いようですが、後遺症がキツそうです。

できれば、下記のように自然に治療できる方法がオススメだと思いますよ。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る