多汗症の逆?無汗症という汗のでない症状

多汗症の逆?無汗症という汗のでない症状

私のような人間は、昔から多汗症によって色々と苦しめられてきたのですが、世の中には無汗症という症状が存在します。

多汗症の逆?無汗症という汗のでない症状

この無汗症という症状は、多汗症のちょうど反対にいるような症状です。

「あぁ〜脇汗止まらない〜顔からも止まらない〜」とかなって、ジタバタしている人が多汗症。

「あぁ〜汗全然かけない、どうしよ〜」ってなってるのが無汗症です。

昔とくらべると、全然汗をかかなくなったなぁ〜という人は、もしかしたら無汗症になりかけている可能性もありますよ。

なんで無汗症になるの?

無汗症には、生まれつきのものとそうではないものがあります。

しかし、エクリン汗腺、中枢神経、脊髄(せきずい)神経、末梢(まっしょう)神経のどれかに問題があると、汗をかかなくなるのです。

また無汗症ではなくても、エアコンなどで空調のきいた部屋に慣れきっていると、汗線がよわり汗をかきにくくなる人もいます。

汗線は使わないでほっておくと、サボりだしてしまうのです。

汗をかかないと何が問題?

汗をかかないと体温調整ができなくなるので、からだに熱がこもりやすくなります。

そのせいで熱中症になったり、体温調整ができないことから、夏でも冷え性になったりと、問題が多くなります。

運動や半身浴などで体から汗がでるように訓練し、汗線をサボらせないように気をつけましょう。

まとめ

  • 汗をかけなくなった人のことを無汗症とよぶ。
  • 汗をかかないと体温調整ができなくなり、熱がこもったり冷えたりと、からだの問題がおこる。
  • 運動や半身浴などで、汗線をサボらせないための努力が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です