営業職の人は脇汗がひどくなりやすい

脇汗の多くなる仕事と言えば、代表的なものは営業職の人たちです。

営業マンに脇汗は厳禁です

なぜ営業職が脇汗をかきやすいのかと言うと、大きく考えて3つほどあります。

  1. 室内と外の出入りが多く激しい温度差にさらされる。
  2. ノルマ等のプレッシャーが大きい。
  3. 打ち合わせや交渉など、緊張する場面が多い。

1. 室内と外の出入りが多い

特に夏や冬などは、室内と外の温度はかなり大きいものとなります。

自然と汗線も衰えてしまい、汗もかきがちになります。

2. ノルマ等のプレッシャーが大きい

ノルマとして、成果件数みたいなのを掲げられていることも多く、それらのプレッシャーから、ストレスも感じやすくなります。

多くの人は、そのプレッシャーやストレスに耐え切れず仕事を辞めるようで、のきなみ営業職の退職率は高いそうです。

3. 打ち合わせや交渉などが多い

職場での会議や、取引先との打ち合わせ、外出すればお客様との交渉や取引先との交渉など、緊張する場面も多くなります。

汗は緊張すればするほどかきやすくなるので、こういった点からも営業職の人たちは汗をかきやすいと言えます。

営業職だからこそ、気にしなければならない脇汗

営業をするにあたって、第一印象はとても大切です。

その為にも清潔感は、他の仕事以上に重視しなければいけません。

さわやかな見た目にするには、脇汗は基本的にはNGなのです。

実際、多汗症の手術などにくる人には、営業職の人は多いとのデータもあるようです。

まとめ

  • 営業職は、プレッシャーや緊張する場面も多く、外と室内の出入りも多いことから、脇汗をかきやすい。
  • 営業職は見た目の印象も気にしなければいけないので、汗にも気をつける必要がある。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る