寒い場所で育った人は脇汗がヤバくなりがち

汗線の働きや仕組みなどはこれまでにたくさん説明してきましたが、汗線は少なかったり活発に働いていないと汗を多くかいたり、臭いがくさくなります。

寒い場所で育った人は脇汗がヤバくなりがち

そして、これが実は生まれた場所によっても大きく変化するらしいのです。

寒い場所で生まれると汗をかきやすくなる理由

例えば、東北よりも上の都道府県で育ったような人は、寒いことには普段から慣れてしまっています。

そして、必要以上に汗をかく習慣が日頃から少ないため、小さい頃から汗線を活発に働かす必要がないのです。

そのため、汗線の働きは次第におとろえていき、いざ暑い場所に行ったり緊張する場面に遭遇すると、通常以上に汗をかきやすくなるのです。

逆に温かい地方や国に、小さい頃から住んでいたような人は、昔から汗をかく習慣があり、自然と汗線が鍛えられているのです。

汗線は鍛えれば鍛えるほどに必要以上の汗をかかなくてすむようになるので、汗線を鍛えれば、汗の量を減らせるともいえます。

汗線を鍛えよう

この記事をみてもらえれば一番早いです。

汗線トレーニングで汗線を鍛える

この記事にもあるように、入浴と運動が汗線をきたえる方法としては有効です。

そんなに難しいことは何もないので、汗線がおとろえて困っている人は、ぜひ実践してみてください。

まとめ

  • 寒い場所で生まれると、汗線がきたえられないので脇汗含め汗をかきやすくなる。
  • 寒い場所にいるばかりで汗をかかなければ、汗線はおとろえていくだけ。
  • 入浴と運動が汗線をきたえる方法としては有効。

最強の脇汗対策はコレ!

私が研究しまくった脇汗対策の中でも、最強だと感じているのが「デトランスα」です。

デトランスα

医療先進国デンマークでベストセラーとなっているロールオンタイプの脇汗グッズなのですが、スゴイのが“汗そのものを止める”特許処方ということなんです!

塗り続けていくと、ニオイだけでなく汗の量自体がだんだんと減っていくので、そのうち塗らなくても汗がほとんど出なくなっていきます。

もちろん、ワキガのようなニオイがキツイ人でも全然気にならなくなります!

さすが、体臭が強い国向けに開発された最先端の制汗剤です。(北欧では9割の人がワキガと言われています)

日本製品にこれ以上のものはなく、自分の脇汗が酷かったことさえ忘れられるほどです。

今までは売り切れていたのですが、また限定入荷されたので私も早速注文しちゃいました。

無香料タイプなので香水をつけても気になりませんし、使い心地はスーッとして気持ちがいいです。

今なら初回限定のみ40%オフで購入できますが、ここでしか買えない大人気商品のためいつ売り切れるかわかりません。

買えたらラッキーです!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶ 最強の脇汗対策!デトランスαを試してみる

コメントを残す

脇汗を止める方法の研究結果まとめは、現在ワキガと多汗症のブログランキングに参加中です。応援お願いします。

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

このページの先頭へ戻る